ITDCはMotoGPが2021年10月に開催されることを保証

ITDC(インドネシア観光開発公社)は、主催者としてのドルナが2021年10月にマンダリカサーキットでMotoGPを予定していることを確認しました。

「マンダリカサーキットは7月に完成します。現在、最上層の基礎層を硬化させる段階にあります」と説明しました。

Abdulbarは、これまでのところ、開発プロセスはスムーズに、安全に、制御されていると強調しました。残りの土地紛争に関する波紋にもかかわらず、ITDCと政府はそれらを解決しました。どちらもエンクレーブとクレームのステータスがあります。

「私たちが完成していない土地は1つだけです。近い将来、これをターゲットにしている」とアブドゥルバー氏は語った。

一方、Loteng HM Suhaili FTの摂政は、MandalikaサーキットはITDCによって建設されたものの、Gumi Tatas TuhuTrasnaの住民の資産になっていると述べました。特にマンダリカ経済特区(KEK)バッファーの居住者。

このため、資産所有者として維持され、世話をする必要があります。同時に、既存の開発をサポートし、成功させます。 「資産所有者として、私たちはスーパーバイクでさえ、MotoGPをホストする準備ができています」とSuhailiは言いました。

提供される準備ができている支援の形態は、観光の魅力を維持し、地域の伝導性を維持し、安全と治安を維持し、屋根裏部屋がCovid-19から安全であることを保証することです。 「何度もお話ししましたが、これからは準備しましょう。私たち自身の地域で観客にならないようにしましょう」と2人の摂政は強調しました。

※出典 Lombok post (https://lombokpost.jawapos.com/praya/02/02/2021/itdc-pastikan-motogp-digelar-oktober-2021-ini-progres-pembangunan-sirkuit-mandalika/)

関連記事

  1. マンタン道路沿い3

  2. マンタン通り沿い

  3. ケカイット道路沿い

  4. AYODYAゲストハウス

  5. プスック道路沿い

  6. モントンヴィラ

お問い合わせ

Translate »